マスキ嵐沢2019

桜が終わると山もいよいよ春本番。 そうなると、表丹沢の沢はそろそろヒル本番。 ヒルから逃げるように沢登りは西丹沢へシフトするのがいつものパターン。 西丹沢のスタートは、やっぱり取り敢えずマスキ嵐から。 でも、沢は難しくないけど、帰り道の西澤径路は崩落が進み、さらに難しく危険になってる。 くれぐれも、慣れてない人は入らないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜洞丸2019

なんだかこの季節は檜洞丸から富士山を見たくなる。 つつじ新道の展望台からも、今日は富士山が見えた。 花粉光環と言うらしい。ずうっと不思議に思いながら登ってた。 上に登る程富士山が良く見える。 今日は甲斐駒(と思う)も。 頂上を過ぎて、犬越路方向へ下り始めたら、このコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2019新年

新年明けましておめでとうございます。 毎年新年のスタートは葛葉川。 富士型の滝を登って、三の塔から富士山に新年のご挨拶。 今年は富士山は雲に隠れてたけど、都合よくいつも晴れてる訳ではないからね。 アオキの赤い実の色が沢に映えるね。 富士形の滝。 水量少なく、というか殆ど涸れてる状態。でも、登る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴノ沢2018

以前から気になっていたヒゴノ沢。 あまり遠くなくて、あまり難しくなくて、あまり濡れない、安近短な沢。 こんな条件に合うのは、やっぱり水無川水系だね。 チョット沢登りという時に考えずにさっと行ける沢のレパートリーを増やしたくて。 前半の連瀑帯は楽しい。 中間部で堰堤が続くので。堰堤が嫌いな人にはこの沢は向かない。でも、チョッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西沢本棚沢2018

前から気になってた西沢の本棚沢。 先週は東沢の本棚沢を登ったので、今週は西沢本棚沢。 F1が70mの本棚。 下棚(45m)は、登れるね、機会があれば登りたいね、と思えるけど、こっちはどうやって登るんだ? って感じ。 本棚は当然巻いて、その上は滝の数は少なく、しかも直登できる滝は殆ど無く巻くことになる。 ということも分かってて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東沢本棚沢2018

紅葉の季節になったら、いつもの東沢本棚沢。 今年はチョット行くの早過ぎたので紅葉はまだまだだったけど、寒くなく、水は冷たくなく快適だった。 F1。 本棚。 3段15m。 Ⅳらしいけど、ⅢかⅢ+かな。 大岩のダルマ岩。 横のルンゼは、下部は泥と枯葉と枯枝でⅢ~Ⅲ+。 ロープが垂れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下棚沢(F6まで)2018

台風続きで、沢は増水した水嵩が戻る間もなくまた雨が降り増水するのを繰り返してるけど、 それでも2、3日すれば平水とは言えなくても増水気味程度には水が引く感じかな。 こんな時は下棚沢がいいね。 滝見物は増水してる方が見応えがあるしね。ほんとに増水した時はそもそも滝まで行けないからね。 下棚。水量多めで見栄え良い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘七ノ沢の勘七堰堤

こんな暑い日は沢で体を冷やさないと熱中症になってしまう。 小川谷へ行きたかったんだけど、台風が行ったばかりで増水してるだろうし。 少し増水した小川谷は夏にピッタリなんだけど、アプローチが遠くなり、沢で気持ちよく冷えた体に、帰りの林道の暑さは堪えるし。 とか、ウダウダやってたら9:00をまわってしまったので、ゴチャゴチャ考えずに取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白峰三山縦走2018

前回、早川尾根を縦走し高嶺に登ったので、改めて大樺沢から高嶺を見たくて北岳へ。 前回広河原に来た時、バス停に"大樺沢は二俣まで通行止め"の張り紙があったので、 ダメなら白根御池のコースから眺めるつもりだったけど、通行止めは解除されてて良かった。 北岳に登ったら、そのまま白峰三山縦走。 やっぱり沢沿いのコースは涼しくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早川尾根2018

鳳凰三山に登った時は近くに、甲斐駒ヶ岳に登った時は早川尾根の先に、 北岳の大樺沢を登っているときは正面にずうっと見えてて気になっていた高嶺。 綺麗な三角のピークで山三郎と同じ名前。 甲斐駒ヶ岳から鳳凰三山を繋いでる早川尾根を歩かなきゃ。 本当は全部繋いで歩けば完璧なんだけどね。 北沢峠までバス。仙水小屋に泊まっていつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川谷廊下2018

去年7月にF6左岸ヘツリ中に肉離れで落ちてから丁度1年。 今季初小川谷。 F6も最後のF12も難しい所は全部巻き。 でも、やっぱり小川谷は最高だぜ。 渓相の美しさ。滝の適度な難しさ。適度な長さ。 これで楽しくない訳がない。 今年は特に、淵は砂利・小石が流されて深くなっているので、日が当たるとより一層ブルーに輝く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山2018

今年も無事、富士山に登ることができました。 毎年の年中行事みたいものなんだけど、最近は人間ドックみたいな感覚になってきた。 今年はまだ登れるか。疲れ具合はどうか。脚が痛くならないか。高度への順応はどうか。 こんなことへ意識を向ける割合が増えてきてるけど、でもやっぱり富士山はイイよね。 登山道はガレ場と岩場しかなくて、決して快適で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐駒ヶ岳2018 黒戸尾根~八丁尾根

甲斐駒ヶ岳。いつもの黒戸尾根~八丁尾根コース。 去年は肉離れ事故で行けなかった。 尾白川駐車場は整備され、トイレも新築されて綺麗だった。 前回の鳳凰三山で甲斐駒ヶ岳を見て、登りたい気持ちがつのり、2週間しか経ってないのに行くことに。 案の定、体の奥には前回の疲れがまだ残り、ゆっくり登ったとは言え七丈小屋まで8時間もかかってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳凰三山2018

鳳凰三山の縦走。 ドンドコ沢を登って三山縦走し中道を下山。 天気が良くて週末で小屋は満員だった。 前回娘と登ったのは2006年。 この時は、ガスがかかって途中から雨も降り出し、滝を見ることもできずに鳳凰小屋にたどり着いた。 まだ沢登りに嵌る前で、滝にはそれ程執着はなかった。 甲斐駒も北岳もまだ登ってなかった。 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスキ嵐沢2018 フォトムービー

暖かい日が続いて、今季初西丹沢の沢登り。 やっぱり最初はマスキ嵐沢。 こんな時の沢の条件を並べてみると、 ①暖かいといっても水はまだ冷たいから、あまり濡れずに登れる沢 ②春先はヌメリがあることが多いから、フリクションの良い沢 ③難しくなくて楽しい沢 という感じかしら。 沢は倒木が減って以前よりスッキリ。 ヌメリは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜洞丸からの富士山

富士山を見たくなって檜洞丸へ。 つつじが咲くとつつじ新道は沢山の登山者で賑わうけど、今日出会った登山者はたったの二人だけ。 今日は、つつじ新道~檜洞丸~犬越路のコースにしたけど、反対まわりの方が良かった。 檜洞丸に昼頃に着いて、富士山の眺望が一番いい犬越路へ向かう尾根道に入った頃から富士山は霞んできてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前大沢2018冬

雪が降って、さらに冷え込むと、表丹沢の沢と言っても行ける沢は限られる。 早い話水量のない沢。 第1位 モミソ沢 でも、ホントに大雪だと巻きがほとんど尾根まで上がることになって、一度上がったら沢に戻れず、結局尾根歩きになってしまう。 第2位 前大沢 大雪だろうとここまで来られれば歩ける。でもほとんど雪渓登りになるけど。数年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川のツララ2018

雪が降って、気温の低い日が続いて、沢はどこもかしこも凍ってるよ。 天気が良くて陽が高くなると、氷に陽が射してキラキラ輝くのが綺麗。 でも南向きの沢は、すぐ氷は解けてしまう。 だからと言って、朝早くから沢に行くなんて、こんな寒い季節には無理。 最近特に出発時間が遅くなる傾向で、なかなか氷を見られなくなってきたけど、今日はいいんじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小草平2018

小草平ノ沢。 冬は南向きで陽当りのいい沢がいいよね。 あまり寒くなく、水量少なく、でも氷があちこちにできて、そして陽が高くなったら氷に日射しが当たってキラキラなのがイイよね。 そんな沢の一つが小草平ノ沢。 枯れ葉に乗ってるポコポコ氷。 F2の3段滝。 CS滝には長いつらら。 枯れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2018新年

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 また一つ歳を重ねて、次のステージに向けて一生懸命進んでいこうと思います。 新年は恒例葛葉川から。 毎年の葛葉川だけど、いつもと違うのはドローン撮影。 撮影アングルが変わるだけだけど、当人にとっては面白いので。 まだまだ冷え込みが足りないけど、水しぶき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東沢本棚沢2017

今年も紅葉を見に本棚沢。 今日は天気が良くて赤く黄色く染まった葉が輝いていて紅葉写真にはベストだった。 赤色を深くしたい時は露出補正をマイナスに。逆光で輝く黄色を出したい時はプラス補正で。 赤味を強くしたい時は、ホワイトバランスを調整して。でも全体が嘘っぽくならないように。 難しいのは青空がバックに入る時で、青空は青くしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘七ノ沢2017 F3まで (Drone)

F3までって、何?  普通F4まで、でしょ?  そこから登山道に出られるから。 。。。  それは。。。 帰りはF4登って帰ったけど。。。 動画がF3まで、ってこと。   撮影していたドローンがF3で墜落、滝壺に水没。 ゴメンナサイ。操縦ミスです。 潜って回収したけど、修理不能。 撮影日 2017.8.20~10.9 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2017 ヘツリ2と板立Drone

何の前触れもなく、右足が滑って、途端に体を支えていた左足と左手も力を加える間もなくホールドから外れて、 最後に残ったスリングをつかんでいた右手もあっという間に外れて体が落ち始めた。 と同時に右足ふくらはぎに激痛が走り、つったと思った瞬間に頭まで水の中。 ふくらはぎの痛みはひとまず置いといて、両腕と左足で必死に泳いで水から上がった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山2017

遠く眺める今年の富士山は残雪が多い感じで、もう少し雪が溶けたらと思いながら、てんくらをチェックしているうちに7月になってしまった。 さっさと行かないと静岡県側も山開きしちゃうじゃない。、山梨県側は抜け駆けして既に山開きしてるし。 登山口までのアプローチが面倒くさいと登る前に疲れてしまうからね。 登山指数"C"だけど下の天気は&#9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川谷廊下2017フォトムービー

今日は下棚沢に行こうと思って5時に起きたのに、ちょっと出発が遅くなって、西丹沢自然教室の駐車場に7:15に着いたらすでに一杯。 先々週も着いたら駐車場が一杯でマスキ嵐に変更したのに。まただよ。 しょうがない、今日は小川谷だ。 今季初。久しぶり~。と、ウキウキ気分で玄倉へ。 アレー!!  林道入ったら80m(県のHPか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2017[林道まで]チョッピリ難しくなったヘツリとか

先々週、勘七ノ沢から帰宅して車から沢靴を出したら、入れてたビニール袋にヒルがくっついてて、即刻火あぶりの刑で始末。 そして今日、葛葉川から帰ってきて沢服を洗濯機に放り込んで、サンドイッチを食べてる途中で洗濯機のスイッチを入れるのを 忘れてたのに気づき、洗濯機を見たら洗濯槽のヘリでヒルが踊ってる。 サンドイッチをモグモグしながら割り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背戸ノ沢左俣2017  >書策新道まで

去年の11月から何回か行ってやっとUP。 途中で寒くなってしまって、2年越しの記録ね。 書策新道の手前二つの滝は先月撮影。そこまでは去年の11月~12月撮影。 そのため、沢の景色は秋と春が混在しててごめんなさい。 しかも、書策新道手前の滝の巻きで疲れ果ててしまって、その先へ進む気力を失ってしまい終了。 撮影日 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミソ沢2017 <大棚とか>

桜も散ってだんだん暖かくなってきたけど、沢にはまだもう少し暖かさが足りないこの時期は、濡れずに登れるモミソ沢なんてピッタリ。 沢は短くてチョッピリ難しい登攀の連続なので、あっという間に楽しい時間は終わってしまうけど、登りは常に全身を使うので、途中の休憩は無しだからこのくらいがちょうどいい。 撮影日 2017.4.15~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017新年

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 今年も葛葉川からスタート。 三ノ塔から東伊豆方面。 真鶴半島、初島、富戸方面だね。以前、磯釣り、船釣りでよく行った。 三の塔から南アルプス。よく見えた。北岳かな。 富士山。雲ひとつなく綺麗。 富士形ノ滝3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2016初雪[林道まで]

初雪が降ったので葛葉川へ。 雪化粧した沢もいいよね。 この時期の雪はすぐ消えちゃうからさっさと行かないとね。 時間はいつもの倍かかって3倍疲れて、足は冷たいし手はかじかむし、雪の降った沢を楽しむのは大変だよ。 でも、行きたいよね。 雪を被って少しだけモルゲンロートに染まる丹沢。 真ん中が塔ノ岳と大倉尾根ね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜洞2016

やっと今年も檜洞に行けたよ。 遠かった。 今回は水量が少なく、また行く時期が少し遅くなってしまって沢に日が当たらず、輝く水色を見ることができなかったけど、 色付き始めた紅葉にも癒されて、やっぱりいい沢だよね。 年に1度は行きたいよね。 アプローチが長いということもあってお気楽HyperVにしたのは失敗だった。 雨が降って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東沢本棚沢2016完全収録ver.

東沢本棚沢。 完全収録ver.だよ。 涸棚は巻いてるけど。 &quot;だったら完全収録じゃないよ&quot;なんて言わないでね。 沢登り対象の最初から最後まで一通り収録したのが完全収録ver.だから。 もし全部登ったら完全攻略ver.とかにするからさ。 撮影日 2016年10月7日~23日 F1 14m。 本棚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下棚沢F3リベンジ

先月敗退した下棚沢F3のリベンジ。 帰ってからF3敗退映像を確認したら、上部は左が易しいのがすぐわかる。 よく見もせずに取付いたのが失敗だね。 やっぱりオブザベーションは重要。 でも、人工壁のホールドみたいに下からよく見えるならいいけど、滝の場合は実際に取付いてみないとホールドはよくわからないし、 下から見ていいと思っても登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白峰三山縦走2016

白峰三山縦走。 大好きな富士山がずーっと一緒。 素晴らしかった。 3,000mの稜線は感動した。 北岳と甲斐駒ヶ岳。 富士山。 農鳥岳から間ノ岳と北岳。 モルゲンロートで染まる間ノ岳。 仙丈ケ岳もモルゲンロート。 白峰三山縦走2016フォトムービー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2016[林道まで]増水後の様子

前回の甲斐駒の疲れが残ってるのか何だか体が重くて、こんな時体調を整えるには葛葉川。 ところが、沢の入り口には大量の土砂が積みあがってて進入禁止のロープが張られてる。 工事でも始まるのかと思ったら、先日の台風10号の大雨の増水で流れてきた様子。 沢はチョット増水気味。この沢は増水気味くらいがちょうどいい。 しかも、岩肌が洗われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐駒ヶ岳2016 黒戸尾根~八丁尾根

甲斐駒ヶ岳。 去年行って良かった黒戸尾根~八丁尾根。 良い天気を狙ってるうちに8月も終わが近づいてしまった。 予報はあまり良くなかったけど、翌朝の登頂まで持ってくれそうなので行くことに。 予報通り八丁尾根を下る頃には雨も本降りになってきて、あまり写真を撮れなかった。 でも、こんな天気だからこそ山はいろいろ楽しませてくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘七ノ沢2016 F4まで ☆スローシャッターver.

今日は朝からどんより曇ってて、山の方を見れば上半分に雲がかかって霧雨が降ってるかもしれないと思わせる感じなので、 西丹沢へ行く気力は萎えて近場の勘七へ。 だけど、近場だからと言って惰性で沢に来てるわけじゃないから。 こんな日に試したかったスローシャッターでの滝写真を、できれば手持ちで手ブリなく撮るのが今日の課題。 課題なんてカッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスキ嵐沢2016フォトムービー

今日は小川谷に行くつもりが、林道入ってすぐ通行止めになってて、急遽マスキ嵐沢に変更。 でも、8月11日山の日から通行止めなんて。 玄倉川の河原のキャンプを止めさせたいのかもしれないけど、どうなのかしら。 その影響かもしれないけど、悪沢のところはいつもより停めてる車が多かった 玄倉第一発電所のところで通行止め。 昼頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2016板立シャワー

今日も暑くて近場でシャワーということで葛葉川。 板立ノ滝は水流の左右登ってるけど、フリーでは登れない真ん中水流沿いを登ってなくて、最近トップロープづいてるから、 今回シャワーで納涼沢登り。 葛葉川は今日も人気で多分7~8組が入ってて、途中10人位の年配のグループを抜いたけど、巻き道完備だし、 小学生~年配まで、初心者~上級者まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下棚沢2016 F2とF3途中まで

いよいよ本格的に夏。 こんな暑い日は、折角沢登りやってるんだからカッコよくシャワークライミングでキメないとね 東京オリンピック追加種目にスポーツクライミングが決まったことだし、沢登りも似たようなものだからクライミングのモチベーションも高まってるし、お祝いもしないとね。 そんな訳で、今日は下棚沢のいつも巻いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄棚沢(右俣) 2016

地獄棚沢。 名前からして怖い。 でも、この沢のF1地獄棚は威風堂々とした見応えのある(登れないので)滝で、この滝をなかなか超えられなくて この沢を遡行するのは初めて。 今回は巻き道危険度ランク№1(山三郎ランク)の滝のすぐ右を、先人たちが開拓した後を辿って、 先人たちも掴んだであろう木の根っこを頼りに巻くことに。 地獄棚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖箱根沢2016

沖箱根沢は短いけど、沢登りのエッセンスが凝縮。 ○厳しいF1 ○難しいF2 ○F3こんな楽しいナメ滝 ○見た目スッキリF4 ○あとはナメ歩き ところで、愛用のSalewaのザックが修理から帰ってきたよ。 お気に入りだったので、以前ファスナーが壊れた時にお店に修理できるか聞いたら、出してみないとわからないと言われて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山2016

今年も無事富士山に登ることができました。 いつもの富士宮ルート。 毎年6月の最終週頃(できるだけ暖かくなってきてて、山開きの前)を目安にしてるので、そのつもりで「てんきとくらす」をチェックしていたら、 土曜日が登山指数Aになってたものだから慌てて準備して行くことに。 といっても大した準備があるわけじゃないけど。 天気が良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新茅ノ沢2016

新茅ノ沢。面白い。素晴らしい。 何年か前に来てるけど記憶はほとんどなかった。 まだ沢登りの技術が未熟で、この沢の魅力を感じる、理解する、楽しむことができなかった。 滝には巻き道完備なので、すべて巻いてたからだと思うけど。 やっぱり沢も一度や二度位じゃわからないよね。 沢は南西向きで、午前中に登ると日射しが丁度滝の右上から照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源次郎沢2016

源次郎沢は水無川の支沢。本谷のお隣の沢。 本谷と同じでアプローチの林道は長くて道が悪くて、これまでなかなか来れなかった(ここまで来たら本谷登るから)ので今回初めて。 ゴールは大倉尾根なのでモミソ沢とか前大沢とかと似たようなものかと思ったら、どっこい沢のスケールは大きいよ。 一応F1~F10までF№プレート付きであるけど登る対象は半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミソ沢2016完全収録ver.

前回の前大沢の上流にあるモミソ沢。 何かお洒落な名前で、つい気楽に行きたくなるけど、優しくない沢。 だからスキルを磨くトレーニングには持って来いで、アウトドアのクライミングジムみたい沢。 距離が短く滝がギュッと集まってて、登り甲斐がある。 撮影日 2016.2.11~2016.2.27 入り口の懸垂岩と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前大沢2016完全収録ver.

前大沢。表丹沢で陽当り良くて水量少い沢。 だから寒い季節向き。暖かい時期はヒルの心配もしなきゃいけないから、ますます冬向き。 似たような沢はモミソ沢があるけど、こっの方が近場だし、雪山トレーニングでアイゼン付けて登るグループもいないから、静かな冬の沢を堪能できる。 かと言って優しい楽な沢じゃないけど安近短なので、毎年何回も登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016新年 葛葉川 

あけましておめでとうございます。 今年も新年最初は葛葉川から。 沢を詰めて三の塔から富士山を拝むのがここ数年の恒例なので。 ほんとは沢初めは明日2日の方がいいと思うんだけど、今日元日の方が天気がいい予報だし、初日の出を拝む代わりに富士さんに挨拶したかったものだから。 富士つながりで富士形ノ滝。この時期は周りに木が無く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘七ノ沢2015完全収録ver.

寒くなったら南向きの日当たり良好の沢がいいよね。 あるよ。そんな沢。表丹沢の勘七ノ沢なんかピッタリだよね。 前半F1~F5は滝登りを堪能し、後半は滝が次々現れる連瀑帯で沢遊びを楽しめる。 適当なところで右の枝沢を詰めれば大倉尾根。 この沢は、沢登りへの熱い情熱を受け止めてくれる。 心の準備をする間もなくF1が登る者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東沢 本棚沢2015

涸棚のテラスから、紅葉の向こうに浮かぶ富士山を見るために本棚沢へ。 でも、テラスに着いたら雲がかかって、富士山は見えなかった。残念。 ま、富士山が見えないかもしれないことは今日の天気予報から想定内だし、 富士山はまたの機会にとっておいて、本棚見物にだるま岩のルンゼ登りに、やることはいろいろあるから。 F1 10m。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more