源次郎沢2016

源次郎沢は水無川の支沢。本谷のお隣の沢。
本谷と同じでアプローチの林道は長くて道が悪くて、これまでなかなか来れなかった(ここまで来たら本谷登るから)ので今回初めて。
ゴールは大倉尾根なのでモミソ沢とか前大沢とかと似たようなものかと思ったら、どっこい沢のスケールは大きいよ。
一応F1~F10までF№プレート付きであるけど登る対象は半分くらい。だけど、どれも易しくない。
しかも滝登りで疲れた体に、後半の傾斜が増す詰めでさらに体力を奪われ、でも、最後は傾斜も緩んで植林帯を抜けたら花立山荘。
帰りは登山道で楽ちん。
気楽に行けないのが玉に瑕だけど、やる気を掻き立てる良い沢。


撮影日 2016.4.30~5.8

画像


沢の入り口は左右の小さいケルンの門が出迎えてくれる。
画像



F1 4m。
画像



F2 4段(3m+2m+4m+5m)の一番上の5m。
画像



F3  4m。
画像



F4  10m。
画像



F5  3段12m
画像



右俣に入ってすぐのF6 3段10m(2m+3m+5m)。写真は上2段
画像



F7。埋まってる。
画像



F8。埋まってる。
画像
 


F9 5m。チムニーの頭にCS。上に4mチムニーが続く。
画像



F10 8mCS。
画像



源次郎沢2016



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック