前大沢2018冬

雪が降って、さらに冷え込むと、表丹沢の沢と言っても行ける沢は限られる。
早い話水量のない沢。

第1位 モミソ沢
でも、ホントに大雪だと巻きがほとんど尾根まで上がることになって、一度上がったら沢に戻れず、結局尾根歩きになってしまう。
第2位 前大沢
大雪だろうとここまで来られれば歩ける。でもほとんど雪渓登りになるけど。数年前がそうだった。
第3位 小草平ノ沢 とか。
総合的に、雪にも氷にも対応できる前大沢は、この時期ありがたい。

欠点は、この辺りは鹿の管理捕獲がシーズン中数回行われること。
そんな時に沢に入っていこうとすると、入り口の見張り?のハンターに呼び止められ、
"今日は鹿の捕獲で猟銃を持った仲間が○人入っているので危険である。"と言われる。
どうも"狩猟をやっているから入ってはダメ"とは言わないらしい。
以前、"それでも行くならこれから無線で連絡するから待っててくれ"と言われたことがある。
当然止めるけどね。

鹿狩りはイイんだけど、問題はその後に鹿の死骸が沢に残ってること。
2~3週間で骨だけになるけど。(肉食の動物が近づきやすい所は早いけど、険しい地形のところはずうっと残ってる)
今日は1週間前から1か月以上前のも含めて数体の残骸があった。
きっちり仕留めて、ちゃんと始末して帰ってよ。お願いだよ!!



前大沢の入口の水無川に下りるところは現在整備の工事中。水無川の河原までの道が整備されてる。
画像



相変わらず倒木だらけのF1。登りの右岸は枯れ葉と湿った土でズルズル。緊張する。
画像



F1上の堰堤。今日は右岸5m上の鹿道で大きく巻き。
画像



続きはフォトムービーで。






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック