甲斐駒ヶ岳2018 黒戸尾根~八丁尾根

甲斐駒ヶ岳。いつもの黒戸尾根~八丁尾根コース。
去年は肉離れ事故で行けなかった。
尾白川駐車場は整備され、トイレも新築されて綺麗だった。
前回の鳳凰三山で甲斐駒ヶ岳を見て、登りたい気持ちがつのり、2週間しか経ってないのに行くことに。
案の定、体の奥には前回の疲れがまだ残り、ゆっくり登ったとは言え七丈小屋まで8時間もかかってしまった。
しかも、黒戸尾根は登り始めは曇ってて暑くなくて良かったけど、その内雨になってしまった。
天気が良くないので登山者は少なく、すれ違ったのは下りてくる登山者5人位、抜いていった登山者5人くらい。
抜いていったトレランの人10人くらい。
でも、二日目は良く晴れてご来光は鮮やかに雲海を染めていた。
その後の八丁尾根の長い下りがきつかった。
七丈小屋は管理人が変わり、夕食はカレーだったけど、お代わり自由、しかもエビフライとソーセージ付き。さらにおでんサービスの至れり尽くせりだった。

ご来光を二本剣の上で拝みたくて、日の出は4:30頃なので、前日の結果を踏まえ小屋を1:30に出て4:00前に到着。
風もなく、そんなに寒くなく、パンを頬張りコーヒーを飲みながらご来光を待ってる時間は、山登りの最高のひとときだよね。
東の空が少しづつ明るくなってきて、周りの山々の輪郭が徐々にクッキリとしてくる。
この変化のスピードはゆっくりしているようで、気持ちまでのんびりしちゃうと、だいたい他の景色に気を取られて
よそ見をしている間にご来光の瞬間を見落としてしまう。
今回も下の方から聞こえる鳥の鳴き声にカメラを向けたら、次の瞬間突然日の出でカメラが間に合わなかった。
でも、雷鳥だったと思うんだよな。撮りたかったな。


黒戸尾根は霞んでた。
画像



一瞬日が射した時もあった。
画像



今回はイワカガミが色を添えてくれた。
画像



雲海が染まる。
画像



富士山。
画像



早川尾根。富士山、鳳凰、北岳。
画像




甲斐駒ヶ岳2018





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック