ヒゴノ沢2018

以前から気になっていたヒゴノ沢。
あまり遠くなくて、あまり難しくなくて、あまり濡れない、安近短な沢。
こんな条件に合うのは、やっぱり水無川水系だね。
チョット沢登りという時に考えずにさっと行ける沢のレパートリーを増やしたくて。

前半の連瀑帯は楽しい。
中間部で堰堤が続くので。堰堤が嫌いな人にはこの沢は向かない。でも、チョット小難しい堰堤巻き登りを楽しめばイイ。
詰めはそこそこの距離。登山道に出る最後の10mを除けば難しくはない。



最初の大滝7mは直登無理。50m戻って右岸高巻きも面倒なので左岸を巻いたら結構大変だった。
画像



連瀑帯は傾斜の緩い滝が10個位続く。楽しい。難しくない。濡れない。
画像



堰堤区間は堰堤が7個位。チョット難しく、チョット疲れる巻き。
画像



表尾根の登山道に直接出るのはイイね。
帰りは烏尾尾根を下ればすぐ。
画像




ヒゴノ沢2018 (フォトムービー)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック