マスキ嵐沢2019

桜が終わると山もいよいよ春本番。
そうなると、表丹沢の沢はそろそろヒル本番。
ヒルから逃げるように沢登りは西丹沢へシフトするのがいつものパターン。
西丹沢のスタートは、やっぱり取り敢えずマスキ嵐から。
でも、沢は難しくないけど、帰り道の西澤径路は崩落が進み、さらに難しく危険になってる。
くれぐれも、慣れてない人は入らないように。
だから、取り敢えずと書いたけど、西澤径路で周回する場合は、沢が終わっても緊張感を維持しておく必要がある。
沢を上がったら、西澤径路ではなく、反対側の西沢側へ降りた方が安全なのは確か。


大滝下の淵の波紋が鮮やか。
画像



くの字の滝も今日は水量少ない。
画像



最近雨が少なく岩は乾いてるので登るのに困ることはない。
でも、濡れてるところは褐色でヌメリがあるので、気を付けないと。
画像



最後の涸れ滝。
あら、何か明るい雰囲気。
画像



詰め。
今日はいつもより歩きやすい。
画像



登り詰めた尾根から見えた富士山。
画像



さ~て、次は西澤径路。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック