テーマ:表丹沢

葛葉川2019新年

新年明けましておめでとうございます。 毎年新年のスタートは葛葉川。 富士型の滝を登って、三の塔から富士山に新年のご挨拶。 今年は富士山は雲に隠れてたけど、都合よくいつも晴れてる訳ではないからね。 アオキの赤い実の色が沢に映えるね。 富士形の滝。 水量少なく、というか殆ど涸れてる状態。でも、登る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴノ沢2018

以前から気になっていたヒゴノ沢。 あまり遠くなくて、あまり難しくなくて、あまり濡れない、安近短な沢。 こんな条件に合うのは、やっぱり水無川水系だね。 チョット沢登りという時に考えずにさっと行ける沢のレパートリーを増やしたくて。 前半の連瀑帯は楽しい。 中間部で堰堤が続くので。堰堤が嫌いな人にはこの沢は向かない。でも、チョッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘七ノ沢の勘七堰堤

こんな暑い日は沢で体を冷やさないと熱中症になってしまう。 小川谷へ行きたかったんだけど、台風が行ったばかりで増水してるだろうし。 少し増水した小川谷は夏にピッタリなんだけど、アプローチが遠くなり、沢で気持ちよく冷えた体に、帰りの林道の暑さは堪えるし。 とか、ウダウダやってたら9:00をまわってしまったので、ゴチャゴチャ考えずに取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2017[林道まで]チョッピリ難しくなったヘツリとか

先々週、勘七ノ沢から帰宅して車から沢靴を出したら、入れてたビニール袋にヒルがくっついてて、即刻火あぶりの刑で始末。 そして今日、葛葉川から帰ってきて沢服を洗濯機に放り込んで、サンドイッチを食べてる途中で洗濯機のスイッチを入れるのを 忘れてたのに気づき、洗濯機を見たら洗濯槽のヘリでヒルが踊ってる。 サンドイッチをモグモグしながら割り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背戸ノ沢左俣2017  >書策新道まで

去年の11月から何回か行ってやっとUP。 途中で寒くなってしまって、2年越しの記録ね。 書策新道の手前二つの滝は先月撮影。そこまでは去年の11月~12月撮影。 そのため、沢の景色は秋と春が混在しててごめんなさい。 しかも、書策新道手前の滝の巻きで疲れ果ててしまって、その先へ進む気力を失ってしまい終了。 撮影日 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミソ沢2017 <大棚とか>

桜も散ってだんだん暖かくなってきたけど、沢にはまだもう少し暖かさが足りないこの時期は、濡れずに登れるモミソ沢なんてピッタリ。 沢は短くてチョッピリ難しい登攀の連続なので、あっという間に楽しい時間は終わってしまうけど、登りは常に全身を使うので、途中の休憩は無しだからこのくらいがちょうどいい。 撮影日 2017.4.15~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017新年

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 今年も葛葉川からスタート。 三ノ塔から東伊豆方面。 真鶴半島、初島、富戸方面だね。以前、磯釣り、船釣りでよく行った。 三の塔から南アルプス。よく見えた。北岳かな。 富士山。雲ひとつなく綺麗。 富士形ノ滝3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2016初雪[林道まで]

初雪が降ったので葛葉川へ。 雪化粧した沢もいいよね。 この時期の雪はすぐ消えちゃうからさっさと行かないとね。 時間はいつもの倍かかって3倍疲れて、足は冷たいし手はかじかむし、雪の降った沢を楽しむのは大変だよ。 でも、行きたいよね。 雪を被って少しだけモルゲンロートに染まる丹沢。 真ん中が塔ノ岳と大倉尾根ね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛葉川2016[林道まで]増水後の様子

前回の甲斐駒の疲れが残ってるのか何だか体が重くて、こんな時体調を整えるには葛葉川。 ところが、沢の入り口には大量の土砂が積みあがってて進入禁止のロープが張られてる。 工事でも始まるのかと思ったら、先日の台風10号の大雨の増水で流れてきた様子。 沢はチョット増水気味。この沢は増水気味くらいがちょうどいい。 しかも、岩肌が洗われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新茅ノ沢2016

新茅ノ沢。面白い。素晴らしい。 何年か前に来てるけど記憶はほとんどなかった。 まだ沢登りの技術が未熟で、この沢の魅力を感じる、理解する、楽しむことができなかった。 滝には巻き道完備なので、すべて巻いてたからだと思うけど。 やっぱり沢も一度や二度位じゃわからないよね。 沢は南西向きで、午前中に登ると日射しが丁度滝の右上から照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源次郎沢2016

源次郎沢は水無川の支沢。本谷のお隣の沢。 本谷と同じでアプローチの林道は長くて道が悪くて、これまでなかなか来れなかった(ここまで来たら本谷登るから)ので今回初めて。 ゴールは大倉尾根なのでモミソ沢とか前大沢とかと似たようなものかと思ったら、どっこい沢のスケールは大きいよ。 一応F1~F10までF№プレート付きであるけど登る対象は半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前大沢2016完全収録ver.

前大沢。表丹沢で陽当り良くて水量少い沢。 だから寒い季節向き。暖かい時期はヒルの心配もしなきゃいけないから、ますます冬向き。 似たような沢はモミソ沢があるけど、こっの方が近場だし、雪山トレーニングでアイゼン付けて登るグループもいないから、静かな冬の沢を堪能できる。 かと言って優しい楽な沢じゃないけど安近短なので、毎年何回も登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016新年 葛葉川 

あけましておめでとうございます。 今年も新年最初は葛葉川から。 沢を詰めて三の塔から富士山を拝むのがここ数年の恒例なので。 ほんとは沢初めは明日2日の方がいいと思うんだけど、今日元日の方が天気がいい予報だし、初日の出を拝む代わりに富士さんに挨拶したかったものだから。 富士つながりで富士形ノ滝。この時期は周りに木が無く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘七ノ沢2015完全収録ver.

寒くなったら南向きの日当たり良好の沢がいいよね。 あるよ。そんな沢。表丹沢の勘七ノ沢なんかピッタリだよね。 前半F1~F5は滝登りを堪能し、後半は滝が次々現れる連瀑帯で沢遊びを楽しめる。 適当なところで右の枝沢を詰めれば大倉尾根。 この沢は、沢登りへの熱い情熱を受け止めてくれる。 心の準備をする間もなくF1が登る者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小草平ノ沢2015完全収録ver.

この沢は山三郎にとっては、一番近場で、天気があまり良くないとか、疲れ気味で沢ヤル気がイマイチとか、ほんとは西丹沢行くつもりだったのに寝坊してしまったとか、そんな時に便利な安近短の沢。 大滝が一番大きくて6mで、あとはすべてそれ以下の高さしかないので、超えるのにマジで苦労する滝はないけど、平坦な河原はチョットだけであとは3m~5m位の滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 勘七ノ沢 ☆2015  F4まで 

沢シーズンはやっぱりゴールデンウィーク明けからだよね。 だから、今日はこの時期とりあえず体慣らしの勘七ノ沢。のF4まで。 桜も散って春らしくなってきたけど、ずっと足が浸かってると体が冷えてくる位に水はまだ冷たくて、でも岩の苔は既に成長を始めて、昨日が雨だったからってこともあって今日は何だかやけに滑る。ま、体が鈍ってるってことだね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 小草平ノ沢 #03

日差しに春の温もりを少しづつ感じられるようになってきた今日この頃、沢ボーイ・沢ガールの皆さんはいかがお過ごしでしょうか?   やはり寒い季節は沢から離れ、尾根筋歩きですか? 年がら年中、暑い季節も寒い季節も沢から離れられない山三郎は、この時期の沢の魅力、氷の芸術を求め今日も沢へ。 と、カッコいいこと言ってるけど、それならもっと雪も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 寄沢 滝郷沢 右俣

前回の左俣でこの沢の魅力を実感し、右俣も気になったので今日は右俣へ。 この沢の良さは、何といってもまずは行き易いこと。 1.この時期だからということもあるけど、道が混むこともなく舗装路で行けて(未舗装の林道はなし)アクセス良く、    人が少なく駐車場に困らない。 2.駐車場からは、滝郷の滝までの遊歩道+作業用経路でアプローチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 寄沢 滝郷沢 左俣

今日は滝郷沢。沢好きにとっては何かいい沢名だよね。滝の郷だよ。 水無川なんて水が無い、だからね。確かに下流部は伏流で水無くなるけどね。 と、いかにも好きな沢で何度も通ってるように言ってるけど、何年か前に一度登ったきり。 表丹沢だけど西側と東側の中間に位置していて、今週はどこ行こうか?って考えるときになかなか選択肢に出てこないので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 雪ver.

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 2015年新年最初の沢は、やっぱり山三郎のホームグラウンド葛葉川。 今年は元旦から雪が降って、白く着飾ってつららがアクセントの沢も綺麗だよね。 葛葉川は、これまで何回遡行したことか。三の塔まで全部登ったのは多分50回位かな。でも、林道(大平橋)までならきっと200回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川 モミソ沢 Take2

モミソ沢は2014.9.13に行ってるので、この沢の記事UPは2回目のtake2。 今回は撮り直しだよ。前回はモミソ沢に申し訳ないくらい写真がボケてるからね。 撮影テクニックのレベルアップで、前回1回目より静止画・動画とも画質アップだよ。 1回目はこちら &amp;#9755; 2014.9.13モミソ沢 [2014.12.28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 小草平ノ沢 [落ち葉バージョン]

小草平ノ沢は2014.8.30に書いてるけど、写真がブレブレなので撮り直してUPDATEが宿題だったんだよね。 ところが、季節は紅葉を過ぎ落ち葉の季節になってしまい、風景が違っててそのまま写真を差し替えるとあまりにも違和感があるので、[落ち葉バージョン]で新着UPにするね。 でも、まだブレブレを修正できてないので、これは継続課題とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川本谷 錦秋の谷を行く

水無川本谷は、8/1にF1~F5を書いてるけど、F6から上流が宿題で残っていたので、今日は続きを書くつもりで水無川本谷に再度来渓。 今日は良い天気で、表丹沢の魅力でもある朝の光が沢を照らして、この時期の優しい日差しと降り積もった落ち葉で、険しい滝の表情も和らいで、F1とF5が優しい顔だったので動画にしたくてね。特にF5とF6には虹が出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

表丹沢 水無川 前大沢

11月に入り、登山道は紅葉シーズンが始まって人が多いと思うけど、一方、沢はヒルも人も減り、特に表丹沢をホームグラウンドにしている沢野郎にとっては、寒くなる前の一時のトップシーズン突入だね。 だれにも邪魔されずに、自分だけの紅葉に酔いしれて、静かな丹沢を味わうことができる。 [2014.12.21] &amp;#9755; 堰堤№…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川 モミソ沢

モミソ沢。何か洒落た沢名。新茅ノ沢のお向かいさんで、少ない水量でチョロチョロと水無川に注ぐ沢。 短い沢だけど、登攀要素が多く小粒でピリリの山椒のような沢。 写真はモミソ沢入り口の水無川ね。 戸川林道をテクテク1時間。途中、丹沢名水の竜神の泉。 この水は滅菌処理してません看板。でも滅菌処理してる湧水なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 小草平ノ沢

夏の盛りも過ぎて、はっきりしない天気の今日は勘七の沢の隣の小草平(おぐさだいら)の沢。 短い沢で、大きな滝は無く、登る対象は4m~5mで初級の沢だけど、どれもそんなに易しくなくて、巻き道もほとんど期待できないので、嘗めてかかると痛い目を見る沢。 [2014.9.6]&amp;#9755;F2の三段最上段シャワー、大滝他動画4本と写真追加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 勘七ノ沢 

勘七は沢登りをはじめるきっかけになった沢。 忘れもしない、2008年7月4日。山歩きも飽きてきてて、葛葉川なら何度も登ってるし、同じ1級のやさしい沢。特に問題なく登れるはず。だった。F1の前に立つまでは。 [2014.10.11]&amp;#9755;&amp;lt;F5から上流部分の記事追加&amp;gt; F3左岸、堰堤登り、F4滝、他全5本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川本谷 F1~F5

人気の沢へ行くなら、空いている平日がいいよね。今日は水無川(1級上)。 風のつり橋からスタート。戸川林道を1時間。ひたすら歩く。 前大沢(2級下)の分岐を横目で見て。この沢は暑い時期ヒルがいるので寒くなったらね。 朝の木漏れ日が林道をやさしく照らす。 モミソ沢(1級上)へ降りる道もパスして。水量の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 後編 

葛葉川本谷後編です。二股から上流です。 [2014.11.8]&amp;#9755;ブログサイズが大きくなりましたので、二股から下流を中編、上流を後編に分割しました。 [2014.11.8]&amp;#9755;最後の滝F13動画、富士形の滝上二股から上流写真撮り直し等8枚、紅葉6枚追加 [2014.11.8追加] 二股のケルン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 中編 

葛葉川本谷の中編です。林道に架かる橋(大平橋)から上流です。 中編のメインイベントは、この沢の大棚である富士形の滝。 [2014.11.8]&amp;#9755;ブログサイズが大きくなりましたので、二股までを中編、二股以降を後編に分割しました。 [2014.10.12]&amp;#9755;富士形の滝右動画追加 [2014.9.27]&amp;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more