下棚沢2015完全収録ver.

下棚沢。 初めの3つの滝は登れず眺める滝。そのあとの滝はチョット難しく登る喜びに浸り、後半はナメ登り。 最後のつめが困難で尾根に逃げるのも一か所ほんのチョットでスッキリ終われる。 西丹沢の沢の魅力を味わい尽くせる沢。 撮影日 2015/10/12,18,24,31 F1下棚。 F2。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜洞2015

難しい滝を緊張して登った後の達成感。夏、シャワーで滝をクリアする爽やかさ。それはそれで沢の楽しみなんだけど、夏が終わり紅葉にはまだ早い季節に、そんな類の喜びとは違けど格別な沢の魅力を味わうために、年に1度は行きたくなる檜洞。 林道歩きは長いし、沢が終わってからの帰り道も遠い。 でも、白い岩と光が織りなす沢の美しさ。吸い込まれそうな檜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小草平ノ沢2015完全収録ver.

この沢は山三郎にとっては、一番近場で、天気があまり良くないとか、疲れ気味で沢ヤル気がイマイチとか、ほんとは西丹沢行くつもりだったのに寝坊してしまったとか、そんな時に便利な安近短の沢。 大滝が一番大きくて6mで、あとはすべてそれ以下の高さしかないので、超えるのにマジで苦労する滝はないけど、平坦な河原はチョットだけであとは3m~5m位の滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスキ嵐沢2015完全収録ver.

完全収録ver.第2弾はマスキ嵐沢。 年中登れて、大体いつもフリクション良く、短い沢なので、そんなに疲れなく、後ろの行程をそんなに考えずに、一つひとつの滝に集中して全力を出し切ることができるので、なんだか得られる満足感は大きい沢。 前半のナメエリア、中盤の滝エリア、最後の涸れ滝登りとテンポよくリズミカルに登っていける。 撮影日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川谷廊下 白い岩肌ver.

今年の夏は西丹沢方面雨が多かったのか、流れに洗われて白い岩肌が綺麗な小川谷になってるみたいなので、早く行きたかったんだけど、山に行ったりしてるうちに今日になっしまった。 写真なんか忘れ、白い夏の小川谷を存分に楽しもうと思ってたんだけど、小川谷に着いたらやっぱりブロガーの性でカメラ片手にウロウロ写真を撮る立ち位置を探してしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐駒ヶ岳 (黒戸尾根~八丁尾根)

あれ?沢のブログじゃなかったっけ?山三郎は沢やめちゃったのかな? いえいえ。決してそんなことはありません。 たまたま、山登りが続いてるだけですから。 何だかご来光を見たくなったので。 甲斐駒ヶ岳は2年ぶり。 今年は登ろうと思ってたら、ardbegさんの記録がUPされてて、何だかすごく魅力的なコースでコピーしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊蹄山 (真狩コース)

羊蹄山。 前回登ったのは7~8年前。これまでに7~8回登ったかしら。 蝦夷富士ともいうけど、標高は本家富士山のちょうど半分。形もそっくり。 全国に○○富士はたくさんあるけど、羊蹄山が一番似てるんじゃないかな。 でも蝦夷富士という名前は書物に出てくるだけで、そう呼ぶ人はいないと思う。 しりべし山なんて、昔はいざ知らず、地元の人で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手山 (柳沢コース)

以前から東北道を走っていると気になっていた岩手山。 台風11号が四国に上陸するとかしないとか。しかも東北地方には前線がかかり、前日はそこそこの天気だったのが当日の朝は雨模様で、山の方を見上げてもまったく見えなくて、上はきっと風も吹いてるだろうなぁ、て感じ。 前日の岩手山 小屋泊まりのご来光目当てなので、出発はゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山 2015

毎年恒例年に一度は富士登山。 でもって毎年恒例富士宮ルート山開き前の梅雨の合間を狙って無事登頂できて、富士山に感謝だね。 今日は日曜日ということもあって、去年のように人がいないよ、なんてことはなくて思いの他多くの人が登ってた。 予報通り朝方は風が強かったけど日が高くなるにつれて徐々に弱まって、8合目を過ぎた辺りからは気にならなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 玄倉川 小川谷廊下 2015 完全収録ver.

これまで滝ごとの動画だったけど、見るのも大変だし沢全体の雰囲気が伝わらないと思って全部繋いでみたから。 説明はテロップ入れて、ついでにBGM入れて編集して。 BGMは著作権フリーの音楽を適当に選んだので、合わないかもしれないけど勘弁ね。 前編 ~F7 (撮影は4/25、4/29、5/1) 後編 F8~ (撮影は5/3、6、1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 勘七ノ沢 ☆2015  F4まで 

沢シーズンはやっぱりゴールデンウィーク明けからだよね。 だから、今日はこの時期とりあえず体慣らしの勘七ノ沢。のF4まで。 桜も散って春らしくなってきたけど、ずっと足が浸かってると体が冷えてくる位に水はまだ冷たくて、でも岩の苔は既に成長を始めて、昨日が雨だったからってこともあって今日は何だかやけに滑る。ま、体が鈍ってるってことだね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 小草平ノ沢 #03

日差しに春の温もりを少しづつ感じられるようになってきた今日この頃、沢ボーイ・沢ガールの皆さんはいかがお過ごしでしょうか?   やはり寒い季節は沢から離れ、尾根筋歩きですか? 年がら年中、暑い季節も寒い季節も沢から離れられない山三郎は、この時期の沢の魅力、氷の芸術を求め今日も沢へ。 と、カッコいいこと言ってるけど、それならもっと雪も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 寄沢 滝郷沢 右俣

前回の左俣でこの沢の魅力を実感し、右俣も気になったので今日は右俣へ。 この沢の良さは、何といってもまずは行き易いこと。 1.この時期だからということもあるけど、道が混むこともなく舗装路で行けて(未舗装の林道はなし)アクセス良く、    人が少なく駐車場に困らない。 2.駐車場からは、滝郷の滝までの遊歩道+作業用経路でアプローチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 寄沢 滝郷沢 左俣

今日は滝郷沢。沢好きにとっては何かいい沢名だよね。滝の郷だよ。 水無川なんて水が無い、だからね。確かに下流部は伏流で水無くなるけどね。 と、いかにも好きな沢で何度も通ってるように言ってるけど、何年か前に一度登ったきり。 表丹沢だけど西側と東側の中間に位置していて、今週はどこ行こうか?って考えるときになかなか選択肢に出てこないので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 雪ver.

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 2015年新年最初の沢は、やっぱり山三郎のホームグラウンド葛葉川。 今年は元旦から雪が降って、白く着飾ってつららがアクセントの沢も綺麗だよね。 葛葉川は、これまで何回遡行したことか。三の塔まで全部登ったのは多分50回位かな。でも、林道(大平橋)までならきっと200回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 中川川 大滝沢 マスキ嵐沢 [初冬ver.]

沖箱根沢のF2を登ってないので、年内にはクリアしたくて。 でも、この頃既に最低気温は氷点下だから、凍ってたら駄目かも知れないと思いながらも、あわよくば登ろうと、沖箱根経由マスキ嵐。  でもやっぱり水流横は氷が張り付いててF2は来年に持ち越しだよ。 沢は冬支度で、付き始めた氷と氷柱は今期初。やっぱりいいね。冬の沢。気を付けて行こう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 玄倉川小川谷 弥七沢 右俣

弥七沢は小川谷に行く途中にあるけどなかなか行けない。暑い季節は小川谷に行ってしまうから、涼しくなって行こうと思ってるうちに氷が張る季節になってしまう。今年はとうとう12月になってしまった。でも今日はまだそこまで寒くない。 弥七沢で登り甲斐のある滝はヒョングリの滝と7メートルの滝くらいだけど、水が涸れてからの詰めの登りは、その日の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川 モミソ沢 Take2

モミソ沢は2014.9.13に行ってるので、この沢の記事UPは2回目のtake2。 今回は撮り直しだよ。前回はモミソ沢に申し訳ないくらい写真がボケてるからね。 撮影テクニックのレベルアップで、前回1回目より静止画・動画とも画質アップだよ。 1回目はこちら ☛ 2014.9.13モミソ沢 [2014.12.28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 小草平ノ沢 [落ち葉バージョン]

小草平ノ沢は2014.8.30に書いてるけど、写真がブレブレなので撮り直してUPDATEが宿題だったんだよね。 ところが、季節は紅葉を過ぎ落ち葉の季節になってしまい、風景が違っててそのまま写真を差し替えるとあまりにも違和感があるので、[落ち葉バージョン]で新着UPにするね。 でも、まだブレブレを修正できてないので、これは継続課題とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川本谷 錦秋の谷を行く

水無川本谷は、8/1にF1~F5を書いてるけど、F6から上流が宿題で残っていたので、今日は続きを書くつもりで水無川本谷に再度来渓。 今日は良い天気で、表丹沢の魅力でもある朝の光が沢を照らして、この時期の優しい日差しと降り積もった落ち葉で、険しい滝の表情も和らいで、F1とF5が優しい顔だったので動画にしたくてね。特にF5とF6には虹が出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西丹沢 中川川 東沢本棚沢

毎年恒例年に一度は東沢本棚沢。 フリーで登れるめぼしい滝は三段滝と大岩のルンゼくらいなので、あとは滝見物だけど、本棚と涸棚は見るだけでも迫力があっていいし、この時期紅葉もいい。 でも何といっても涸棚落口からの富士山は圧巻。年1回見ないと落ち着かない。 今日はいい天気。246の善波トンネルを抜けたら、富士山は雲ひとつ無く良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川 前大沢

11月に入り、登山道は紅葉シーズンが始まって人が多いと思うけど、一方、沢はヒルも人も減り、特に表丹沢をホームグラウンドにしている沢野郎にとっては、寒くなる前の一時のトップシーズン突入だね。 だれにも邪魔されずに、自分だけの紅葉に酔いしれて、静かな丹沢を味わうことができる。 [2014.12.21] ☛ 堰堤№…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川谷廊下-大タギリ-芋ノ沢ノ頭-御料林経路

今日は久しぶりに「大タギリ」。丹沢でバリエーション登山をやる者にとっては、一つの憧れだよね。 沢から上がるにしても、稜線沿いに行くにしても、クライミングとルートファインディングの難易度は高いから、簡単には行くことはできなくて、登山道ばかり歩いている人たちは入ってこれないし、スキルがあっても興味ない人は来ないし。 だから、きっとここを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 玄倉川 檜洞-桶棚沢-経角沢

お陰様をもちまして、山三郎ブログへのアクセスが1,000件(トップページアクセス件数、各記事アクセス件数合計)を超えました。また、動画再生も合計再生回数が1,000回を超えました。 今回は皆様からの日頃のご愛顧に感謝し、ミレニアム特別企画として丹沢の美渓№1渓流の檜洞(ひのきぼら)の美しい滝動画をお送りします。 という訳で、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 中川川 大滝沢 沖箱根沢

涼しくなったら、沖箱根沢。”沖”は”奥”だから、箱根屋沢の奥ってことかな? ナメが続き、濡れるのは足だけ。でも、前半の滝は巻きも難しい。 F1は巻き。F2が登れるけど一番の難関。F3がこの沢の一番の魅力。F4は滝見の滝。 ということで、F1をサクッと巻いて、F2を華麗にクライミングの計画が...F2が登れなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川 モミソ沢

モミソ沢。何か洒落た沢名。新茅ノ沢のお向かいさんで、少ない水量でチョロチョロと水無川に注ぐ沢。 短い沢だけど、登攀要素が多く小粒でピリリの山椒のような沢。 写真はモミソ沢入り口の水無川ね。 戸川林道をテクテク1時間。途中、丹沢名水の竜神の泉。 この水は滅菌処理してません看板。でも滅菌処理してる湧水なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 小草平ノ沢

夏の盛りも過ぎて、はっきりしない天気の今日は勘七の沢の隣の小草平(おぐさだいら)の沢。 短い沢で、大きな滝は無く、登る対象は4m~5mで初級の沢だけど、どれもそんなに易しくなくて、巻き道もほとんど期待できないので、嘗めてかかると痛い目を見る沢。 [2014.9.6]☛F2の三段最上段シャワー、大滝他動画4本と写真追加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 四十八瀬川 勘七ノ沢 

勘七は沢登りをはじめるきっかけになった沢。 忘れもしない、2008年7月4日。山歩きも飽きてきてて、葛葉川なら何度も登ってるし、同じ1級のやさしい沢。特に問題なく登れるはず。だった。F1の前に立つまでは。 [2014.10.11]☛<F5から上流部分の記事追加> F3左岸、堰堤登り、F4滝、他全5本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 水無川本谷 F1~F5

人気の沢へ行くなら、空いている平日がいいよね。今日は水無川(1級上)。 風のつり橋からスタート。戸川林道を1時間。ひたすら歩く。 前大沢(2級下)の分岐を横目で見て。この沢は暑い時期ヒルがいるので寒くなったらね。 朝の木漏れ日が林道をやさしく照らす。 モミソ沢(1級上)へ降りる道もパスして。水量の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 中川川 西沢 下棚沢

下棚沢は”しもんたな沢”。 で、下棚40m。 下棚を見たら二股へ戻って左岸尾根へ。 写真だと、どうしても滝を流れ落ちる水と音の雰囲気が伝わらないので、動画でね。 下棚上のF2の10mはパス(画像なし)して、その上の2m+3m+7m。 振り返ってF2の落ち口から下棚落ち口。 7mの滝壺。日が当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 中川川 大滝沢 マスキ嵐沢

こんな暑い日はマスキ嵐沢。この沢のいいところは、岩質なのか水質なのかヌメリが少ないこと。流れの中ならフリクションだけで登って行けるし、ナメを歩くのも最高。適当にやさしく適度に難しい5m~10mの滝の合間はナメが繋ぐ。 でも、今日は少しヌメリがある。 [2014.10.25]☛Fナンバー(山三郎の独断です)振りました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山 2014

今日は毎年恒例年に一度は富士山。いつもの富士宮ルート。マイカー規制の始まる前に行こうと6月下旬から天気を眺めてたけど、ずっと良くなくて、本日決行。と、意を決して出かけたら富士山はいい天気。 雲海は朝日に輝き、 影富士も、きれい。 今年は富士山も雪が多く残ってて、空はコバルトブルー。 雪渓を横切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 後編 

葛葉川本谷後編です。二股から上流です。 [2014.11.8]☛ブログサイズが大きくなりましたので、二股から下流を中編、上流を後編に分割しました。 [2014.11.8]☛最後の滝F13動画、富士形の滝上二股から上流写真撮り直し等8枚、紅葉6枚追加 [2014.11.8追加] 二股のケルン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 中編 

葛葉川本谷の中編です。林道に架かる橋(大平橋)から上流です。 中編のメインイベントは、この沢の大棚である富士形の滝。 [2014.11.8]☛ブログサイズが大きくなりましたので、二股までを中編、二股以降を後編に分割しました。 [2014.10.12]☛富士形の滝右動画追加 [2014.9.27]&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表丹沢 葛葉川本谷 前編

1級のやさしい葛葉川だけど、やさしいのは上級者にサポートしてもらっての話。あえて難しいルート取りすれば、初級者には難しいトレーニングコース。 [2014.10.26] ☛F0.5バンド下段へつりと板立の滝左端(撮り直し)動画、F0.6写真追加 [2014.10.12] ☛板立の滝他写真3枚追加 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西丹沢 玄倉川 小川谷廊下 後編 F7~F12  石棚見物・F11の泳ぎ 

[2014.8.23 前編F1~F6と後編F7~F12に分割しました] 小川谷廊下後編... 後編は、石棚の見物とF11の泳ぎ、癒しと最後のF12と色んな楽しさが魅力。 エメラルドグリーンの淵が多いのもこちら。 F7くぐれる滝。 [2014.8.22追加] F7の滝をくぐって、左岸登る。映像では空身だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年6月21日 西丹沢 玄倉川 小川谷廊下 前編 F1~F6 最難関F6左岸

丹沢 沢登りの人気№1の小川谷。 Fナンバーは、松田警察署の平成20年3月17日のニシタンだより(たまたま手元にプリントアウトがあったので)に記載された番号です。 画像(静止画)は、以前撮影したものもあります。 ❏❏❏2014.8.23 ブログサイズが大きくなったので、前編…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more